まつ毛を伸ばす

ヘアカラーとヘアマニュキアの違い

ヘアカラーとヘアマニュキアの違い


最近の男性の髪型の流行は、横を刈り上げる2ブロックなどが流行っていますね。

髪の色はだいたい黒が主流で、あまり昔程、茶髪の人も多くなくなりました。

10年ほど前はそれこそ若い男性は相当数髪を染めていたりしたものです。

女性は男性ほどヘアカラーの流行の色の大きな変化はないようにもみえ ますね。

髪の色を明るくするときには、ヘアカラーかヘアマニュキアを使います。

どう違うの?って思う人も多いかと思います。
まず、ヘアマニュキアは髪の上に色付きのフィルターをのせるようなイメージで白髪染めなどが主流のようです。黒髪から茶髪などへの際はあまり効かないみたいですね。

髪へコーティングをするだけなのダメージ的にはあまりないようです。

次にヘアカラー。 ヘアカラーは1度、黒髪のメラニン色素を破壊してそこにカラーの染め液を入れるイメージとのこと。

ヘアカラーは染色液なのである程度で色も落ちてきます。

このヘアカラーは髪的には実際あまり良くないようです。 繰り返すとキューティクルが無くなり髪の内部もスカスカになるそうです。

まさに髪が痛んだ状態です。 こうなると回復させるにはリンスやトリートメントをしっかり行うことがひつようでケアを何もしないと回復はできないようです。

それだけ髪への負担が大きい訳ですから、当然髪が弱っている状態だったり、もともと髪が強くない人がヘアカラー高頻度でを行えばダメージはとても大きくなります。

薄毛を気にする様な男性がヘアカラーを繰り返すのは自殺行為です。

10年ほど前は、男性でもヘアカラーは相当流行っていましたから、今になって後悔している30歳オーバーも実際にたくさんいるのではないでしょうか。


髪の毛を早く伸ばす方法はある?


市販の生える育毛剤はどれ?

まつ毛を伸ばす方法トップページへ