まつ毛を伸ばす

加齢臭の予防と対策

加齢臭の予防と対策 更年期障害


男性でも女性でも早い人では30代を過ぎてくると加齢臭がでてきます。

自分ではなかなか気がつきにくい問題ですので、少しでも気になる方は 日頃から予防と対策をおこなうことをお薦めします。

臭いというのは対人関係に置いて、かなり重要な問題といっても過言で はありません。 本来はスムーズにいくことが、臭いが原因で物事がうま くいかないなんてことも、 実際問題たくさんあるのです。

まず、加齢臭いの原因として一般的には、ニオイが出てくるのは「耳の 後ろ」 「首筋(うなじ)」「頭」「顔」と言われていますが、 実はこ れだけではありません。

まず加齢臭が発生するのは、「皮脂腺」という場所からです。 皮脂腺は 頭・おでこ・鼻・首回り・胸・ワキ・背中に多くあり、 上半身を中心に 存在しており、実際のところは上半身のほとんど全てです。

特に頭は皮脂腺が体の中で一番多くあり、加齢臭で「枕カバーが臭う」 と言われるのは、 頭の皮脂腺から出たノネナールが枕に染み付くからで す。

結局、加齢臭は上半身全体から満遍なく発生しているということになり ます。 「耳の後ろ」「首筋(うなじ)」「頭」「顔」から発生している というのは、 「自分で感じやすい場所」という意味であって、実際の加 齢臭はそれ以外の 箇所からも発生しています。

加齢臭を抑えるためには、皮脂腺にあるノネナールを、 洗浄・除去すれ ば効果的なので、 頭・おでこ・鼻・首回り・胸・ワキ・背中を中心に洗 浄しましょう。 特に背中の背骨ぞいはへこんでいるので、 あかすりタオ ルやスポンジでは洗い残しが発生しやすいので、 ボディーブラシで洗浄 することをお勧めします。

また頭をシャンプーする際には、毛髪だけではなく毛穴の深いところま でしっかりと洗う必要があります。 正しい洗髪をしないと、毎日洗髪し ていても、毛穴に脂が詰まって、加齢臭やその他悪臭の原因になります。

髪がきれいに洗浄されていないようならば、洗髪用のブラシを使って、 シャンプーするのも良いでしょう。 まずは体を清潔に保つことで、それ には入浴が一番です。

入浴はシャワーだけで身体を洗うのではなく、浴槽に浸かるようにしま しょう。 浴槽に浸かることで、洗い残りの石鹸や臭いの原因の古い角質 もシャワーで すすいだとしてもより効果的に洗われます。

また、シャワ ーだけの場合には汗をかくという事になりにくいので、汗腺の働き が低 下してしまいます。 汗をあまりかかないと汗腺に老廃物や角質などが溜 まって、それが加齢臭の 原因になります。

老廃物を溜めないようにする為には、ゆっくり浴槽に浸かって汗をかき毛 穴を 開いて老廃物を取り除きやすくする必要があるのです。 入浴時に汗 をかくことが加齢臭対策にもなるわけです。



体毛が濃い女子の印象

まつ毛を伸ばす方法トップページへ